Poetry | モノクロの嘘

この記事は一年以上前の記事です。

笑う事すら忘れて
繋がる事への救いすら失った

何時になれば気づくだろう
繰り返し続ける模倣劇
何処へ行けば気づくだろう
総ては無垢な構図の夢

逸らした視線に
隠された嘘
積み上げた防壁
高鳴る鼓動

消えたい
消えない
消えたい

笑えない
泣けない
笑えない

穢ない私の素顔は…

何処にも無い温もり
何時も失い続ける

ただ
 ただ

助けて・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください