Poetry |妾ドール

この記事は一年以上前の記事です。

夢の花に咲いた貴方の輪郭
愛おしくて
狂おしくて
何日でも撫で続けたわ

茨が行き場を失って
お友達を食べてしまったの
妖精が誠を見つけて
お友達を殺してしまったの

全て見ていたわ
鏡の向こうの貴方
愛おしくて
狂おしくて

秒針が貴方を
絶え間なく傷つけるように
貴方の全てが
私の庭を蹂躙する

貴方に愛された日
貴方の血液を受け入れた日
私の血液を棄てられた日
つまりは私が罪人

氷づけの貴方の輪郭
毎日見ていたわ
愛おしく
狂おしく

2009/09/15 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください