Poetry |もう止まってしまった君へ

この記事は一年以上前の記事です。

総てを形容し得る君
生業は果てしなく遠く
祇園の鐘の鳴り響く頃
雪の華と散っていった

格好の餌と成りて
骸の屍と化すのか

いずれは灰と成り
土へ海へと帰す

行方の知り得た運命ならば
生ける悦びをその右手に
生ける哀しみをその左手に

痛みを重ねた真っ黒な瞳に
邂逅の幸福を哀しみを
離別の定めを糧を

薄弱の手を握り締め
それがどんなにか容易く
崩れ去るべき幸福だったか

もう言葉を発する事は無い
その口唇に
もう灯火を灯す事は無い
その眼に
ゆっくりと涙が零れて落ちた

2009/10/01 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。