Poetry | 耽美に欲して

この記事は一年以上前の記事です。

君の唾液を手に入れただけで
こんなにもボクは濡れた

君の唇から語られる真実が
懐かしくて愛おしくて

君の鼓動や匂い
君の摂食と排泄を確認して
君の塩基にたどり着き
それが一体何になるんだ‥

奇数反転不可法則

サクッ‥と君の腕を切り裂いた
恍惚にも似た表情
これ以上どうやって君を知れば良い?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください