Poetry | 紫色のCD

この記事は一年以上前の記事です。

二個目の曲を聴くと思い出す

君の部屋
君の作ってくれた美味しい料理

君が居ないとダメだった
君も…私が居ないとダメだった

鏡で二人を見てはよく笑ったね
二人の狂気 傷
錯乱した脳で君だけを見ていた

十個目の曲を聴くと思い出す

君の笑顔
二人で語り合った川沿い

何がそうしたのか
必然には変わりなく

君を失っても笑ったよ
君以外は雑事だったけど
理性的に君を想い…笑ったよ

いつか…
いつか笑いながら話そうね
今は二人共幸せだねって

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください