Poetry | 時計仕掛けの口づけ

この記事は一年以上前の記事です。

真白な壁に隠された
真黒な罠に魅了される

汚れの無い欲情
即ち空前の絶美

永続する幻覚
偽りという優しさ

落涙は朝日すらも沈めた
果てを巡る星宿

君を追いかけて死んだ夜空
街路樹には雲が口づけをする

求めて傷口を引き裂いた
そんな君は賭けを知らない

閉じる

熱い…まぶた

歪む

紅い…モザイク

心…焼ける

私の…焔

落下

時計仕掛けの口づけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください