Poetry | 夕暮れのレクイエム

この記事は一年以上前の記事です。

孤高は恥美に隠された

夕暮れのレクイエム

特製のカクテル白い粉
真紅の腕にお似合いよ
陵辱の痕が生々しくて
思わず笑っちゃったよ
逃げて行く僕の後ろ髪
引っ張って君は叫んだ
「置いて行かないで」
僕の目の前には白い扉
その先には黒い茨の海

孤高は恥美に隠された

夕暮れのレクイエム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください