Poetry | 唇音

この記事は一年以上前の記事です。

揚げ足をとるように単純に貴女を愛したわけではないの。
逸る胸と汗ばむ躰を抑える癖がトラウマとなって消えないだけ。

蒼い空の恍惚に身を染めてみる

緋い果実に蹂躙される肉塊

白い息を眺めて
どうやって君を殺そうか考えていた

時計の針は要らない

この味で生きていける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください