Poetry | 君の居ないこの部屋で

この記事は一年以上前の記事です。

何から伝えれば良いのだろう?
こんなちっぽけな空間でさえ…広く感じる
郷愁のメロディーに耳傾けても
貴女の音がたまらなく恋しくて儚くて…

此処はこんなにも静かだっただろうか?
孤独には慣れていた筈なのに…

君の居ないこの部屋でいったい何が出来ると言うの?
君が通り過ぎた空白の余韻に浸る私

君を…愛し過ぎた…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください