Poetry | 僭越ながら夢にお邪魔いたします

この記事は一年以上前の記事です。

回転率
破滅の予兆と見るのだろうか?
それとも象徴だとほざくのか?

君のソコをどれだけかき回しても
君は泣いてるようにしか見えなくて
正解だと知らずに
抱いて抱いて嗚咽してた

夜更かしした雨音が僕の悪癖を抑えるのなら
それでも構わないとすら思った
焔を纏った風も
水を纏った風も
同じく壊滅的に灰色を生み出すというのに

今宵も日が沈む事に安堵するよりも
朝日が再び昇る事に心痛を覚える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください