Poetry |謳い上げるまほろば

この記事は一年以上前の記事です。

さぁ謳い上げろ
拳を掲げて
命の咆哮を

曇り無き眼で見据えろ
鋼の心身で携えろ

口ずさんだなら邂逅
瞳を上げて進め

ほら、手の温もりが伝わるかい?
ほら、高鳴る心音が聴こえるかい?

移ろう季節の中で
唯一無二と悟ったなら
足掻き苦しめ
糧となるまで足掻け

やがて空は晴れ
刻の流れの中
君は歪みを撃ち破る

風になって進め
愛おしさを拳に込めて

2009/09/11 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください