Poetry |虹の彼方に

この記事は一年以上前の記事です。

悠久の言の葉の邂逅の中
無限は収束する

君に幾つ与え
君に幾つ与えられただろうか

君を幾つ知り
君は幾つ知っただろうか

矛盾が行き交わす
混沌の街で

いつしか君と出逢い
いつしか君と共に居る

携えた痛みも悦びも
数えればきりがなく

共に交わしてゆこう
命の杯
悠久を胸に秘め

2009/08/27 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください