Poetry |縷々

この記事は一年以上前の記事です。

一縷の望みですら
崩れ去った 崩れ去った

まだ何も知らないのに
まだ何処も触れていないのに
これで終わりなのですか?

ずっと焦がれてました
ずっと哀しませてばかりでした
貴女さえ笑えばと
まるで道化の様に

寄り添う日を
ただ
 ただ夢見て
貴女を想った連日連夜

貴女の哀しみが私へと
私の喜びが貴女へと
現実はその逆で

笑顔さえ切なくて
泪さえ儚くて
事実に背中が痛い

刹那の邂逅を持て余し
それでも愛してる
愛して居るよ

2009/09/10 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください