Poetry |純憐歌

この記事は一年以上前の記事です。

冬色に染まった君へ捧げる純憐歌

雪降る金曜日
君は玄関前でずっと待ってた

空晴れた日曜日
君は俯きながら扉を開けた

君の残り香が怖くて
私も部屋を後にした

雪がちらつき
まるで二人の心の様

最後に交わした
愛撫の感覚が消えない

最初に交わした
舌の交わりですら・・・

二人の吐息を重ねて
刻を忘れて・・・

2009/08/29 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください