Poetry |明日になればきっと・・

この記事は一年以上前の記事です。

毒舌直下の無防備のアナタ

嗚呼
 ずっと一緒に居たかった
 哀しませてばかりだった

嗚呼
 ずっと触れて居たかった
 苦しませてばかりだった

故の暴言でした

アナタを失いたくなくて
アナタを視界に閉じ込めておきたくて

嗚呼
 アナタの手料理
 アナタの香り
 アナタの・・

嗚呼
 ずっと眺めて居たかった
 ずっと温めて居たかった

故の別れでした

アナタを失いたくなかった
アタシだけのアナタで居て欲しかった

寄り添う前に
離れて行った
ただの一度も
酌み交わす事無く

もう届かない
 もう届かない

愛し方を間違えた夢でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください