Poetry |愛欲に濡れたシルエット

この記事は一年以上前の記事です。

赤い口紅が上手く塗られた
その実った躰が愛らしい

会えない日の電話こそ
淫靡を増して
君の頭に勘違いが増えてゆく

ドアの鍵に手をかける前の
終わりのキスが
鮮明に君の香りを刻みつけた

この血が君を求めてやまない
髪に 首に 胸に 鎖骨に
切なく甘く唾液を塗りたくった

君を愛するなんて出来なくて
欲して奪う事しか出来なくて

甘いタバコの煙を君に注いで
動けないようにベッドに縛り付けて
キスをした瞬間
震える躰を壊れるほど抱き締めた

慣れた舌使いに朝も夜も失って
虚構の世界が君へと収束する
君の締め付けが私を自堕落にさせる

寝言で私を呼んだ君の首を絞めてみたんだ

2010/01/07 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。