Poetry |恋の調べ

この記事は一年以上前の記事です。

貴女に触れた指が
口唇が 舌が
未だに感触を忘れない

距離を詰めて
抱き締めた温もり
またねって言って
そうして帰って行った

募る想いに
貴女の涙の理由が被さり
私を酷く傷つける

刹那 崩れゆく視界
貴女が見えて
貴女が見えなくなり
私は何処へ行こうか
どうかしているね

貴女の発した声が
言葉が 風が
未だに私に纏わりつく

泣かないで
触れる度に痛む 涙は拭うから
貴女の明日には私が居るから

2009/10/15 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。