Poetry |弔い

この記事は一年以上前の記事です。

嗚呼…
じゃあアレは埋葬でも良かったんだ
虫に喰われてゆく君を見て居たかった

嗚呼…
でも君の火葬も見事だったよ
焔に包まれてボロボロになってゆく君が美しかった

断末魔は格別に…
爪を剥ぎ
金属ヤスリで骨肉を削り
見開いた瞳はゆっくり焦がし
耳鼻手足を削ぎ落とした君の姿といったらなかった…

ベッドに縛りつけられ…身動き一つできず
四季をこぼして過ごした甘い甘い連日連夜
雨に溶けてゆく君を探したよ…探したよ…

「式」を探して宴を徘徊したね
あの木陰道も今では黄色いテープを張られた
狂おしいほどに君は汚かった

Past Day

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください