Poetry |君の声

この記事は一年以上前の記事です。

class 君の声(想い下手の思想狂)

君 = 君
私 = 私

君.想い = ['患い', '責念', '躊躇い', '不自由', '束縛', '情念']
for each 想い in 君.想い:
私.送る.想い = {想い:'情愛'}

私.想い = ['弱きを知る', '己を知る', '世界を知る', '自由', '約束', '情念']
for each 想い in 私.想い:
君.送る.想い = {想い:'深愛'}

self.response.out.write("徒然")
<div id ="君">

意味を無くして、紅に佇む
愛した口唇が指先に触れさえすれば
まどろみの朝ですら
かけがえのない毒を呑み込むのだろう

</div>
<div id ="私">

嘘を一つ君に捧げよう
この嘘が君の命の糧になることを願って
君の毒ならいくらでも呑み干すから
一つだけ この嘘を受け取ってくれ

</div>
<div id ="相思">

たとえこの身が朽ち果てても
たとえ世界が色を失おうとも
今ここにある{ 私の=君の }信愛を携えてゆこう

揺るぎないモノなど無い
誰にも彼にも、君にも僕にも、価値なんて無い
信じなくてイイ
疑わなくてイイ
ただ{ 私は=君は }知っている
<type="hidden" 想いがここにあることを />
ただそれだけでイイ
ただ それだけでイイんだ

ART FOR THE ART.
ART OF THE ART.
ART BY THE ART.
LIFE FOR THE LIFE.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。