Poetry |劇薬と女

この記事は一年以上前の記事です。

劇薬に溺れるなら尚更
服を脱ぎ捨てた私はまだ綺麗?

我が儘を言わせて
こんなに切ない夜は一緒に寝て

泣いて時代遅れの女にはならない
上る体温を悟られないように
縋って泣くような女にはならない
雨が一粒 頬に落ちる

ありきたりを風に乗せて
誰かの躰に爪痕を残したとしても

我が儘を言わせて
最後は強がりより恋しさを選ばせて

ポーカーフェイスなんてできない
泣いてしまえたら楽なのに
貴方が望む女になんてなれない
通り雨 雨宿りを見つけられない

振り向かないようにしたわ
貴方の体温すらも
空が代わりに泣いてくれた
慕情すらも流して
劇薬に溺れる前に一度だけ
我が儘を言わせて

2009/11/21 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。