Poetry |傷つけ合った華達

この記事は一年以上前の記事です。

木漏れ日が差し込む
夏の夕暮れ

君は恋してしまう
愛してしまう

飢えた孤独で
目が霞む

君は崩れてしまう
壊れてしまう

機械仕掛けで
世界の終わりを夢見る

去り行く道
総てを棄てても
君を掴みたい

脱ぎ捨てた服に
君の残り香
総てをノンフィクションに

「夢みたいだね」って
笑い合った最期の日

2009/09/18 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください