Poetry |久遠の名のもとに

この記事は一年以上前の記事です。

妖艶な輝きを放つ
君の背の漆黒の翼

かの地に降り立った
真実の花弁

唯一つの穢れ無き
寡黙な血液

純白の衣を纏い
邂逅を笑う

緑白の液を飲み
辛辣に詠う

嗚呼 永久なる調べよ
此の熱情を伝えよ

嗚呼 泡沫の調べよ
此の劣情を奪い去れ

嗚呼 嗚呼
刹那の中で賜れよ

静寂は喧騒を超えた

絆の証しを弔おう

2009/09/09 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください