Poetry |三つ目の雫

この記事は一年以上前の記事です。

いつかは跡形もなく消えてしまうこの道を
僕は信念も概念も無く それでも歩いていた

歩道橋の下から始まったストーリーは
黄色いシグナルだと 思っていた

居を変え 人を変え
それでも埋まらない何かを
真っ黒なもので埋めていたんだ
まるでパズルのピースを埋めるように

走ってタクシーに乗り込み
君が俯いたまま発車するのを見ていた
電話の向こうの聞こえない声を知った時
ようやく知ったんだ 償えない悪癖

人に罪悪感を抱かせることを望んでいた
その為の非情な手段ばかりを選んでいた

君の紅涙が空高く積み上げた石を
ゆっくりと溶かしたんだ
最後の雫が地面に到達した時
君は黙って姿を消した

もうすぐ夏がくるね
あの日と同じ 胸騒ぎがするんだ
“おやすみ”さえ言えなかった二人だけど
今度会えたら
“おはよう”から始めてみないか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。