Poetry |この腕に宿したもの

この記事は一年以上前の記事です。

歌う声がまた
理由を失うとして
逢えない二人を
閉ざしては口ずさむ

秘めて眠ろう

湛えた想いが
胸に宿る傷跡を
一閃の安らぎを
埋めて微かに揺らぐ

潜めて眠ろう

歩みを止めたら
待っていてくれるだろうか
灯してゆこうか
貴女の残り香を皮膚につけて

冬が息を白く染める
やがてくる春を彩る為に
理由を持つ花を夢見て
拭った涙すらも抱き締めてあげたい

生まれたての弱さを片手に
生きてゆく強さをもう片手に
愛された弱さを背中に
愛する強さを胸に

長い孤独に差す夜明けの光
君の腕に託して歩こう

2009/12/16 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。