一人旅-Part7

この記事は一年以上前の記事です。

前回の深夜の、とある女性からのメール

「もう・・何もできない。
一緒に死なせて。」

うん、まぁ『類は友を呼ぶ』というか何と云うか・・
当時はそういう知り合いだらけだったからねw
で、私の返信

「一緒に死ぬのは面倒臭い。
でも、しばらく一緒に居てみる?」

という事で(どういうことだw)、久留米で待ち合わせ。
翌朝、早速佐世保を出て久留米へ。


向こうは宮崎から車で来るとの事だったので、到着するまでしばらく久留米を散策。

陽が傾きだした頃、彼女が到着。

後で聞いたのだが・・
「顔が悪かったら引き返して、勝手に死ぬところだったのよ。アハハw」
まぁ・・気に入ってもらえたようで良かった←

一人は野垂れ死にする為の場所を探す旅
一人は失い過ぎた女の旅

旅は道連れ。
さて・・どうなることやら。

とりあえず彼女の車でテキトウに走る。
ま、でもやっぱり人なので、眠くはなる。
既に山道に入っていたのだが、何とか小さい町でラブホテルを見つけたので、一泊することに。

このホテルで・・なんとデッカイ虫が出てきて、往生したのはおいといて・・w

彼女は

「シてくれないの?」

って言ったんだけど、(当時は)S○Xなんて飽きてたから、寂しそうにする彼女をおいて寝る事にしました。


というか・・普通に眠たかったんだ。
今にして思えば、旅に出てから初めて人と一緒に寝るので、安心しきっちゃったんだろうね。

場所は大体熊本あたり。
車だったし、当時の情報端末だと位置情報なんて出ない。
それに二人共、別に場所なんてどこでも構わない。
だから、大体熊本あたり。

多分翌日もこの女性と共に過ごすんだろうと思いながら眠りに就いた。
(翌日どころの話じゃなかったんだがw)

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。