一人旅-Part12

この記事は一年以上前の記事です。

前回
の翌朝、何故か早く目が覚めた私は、とりあえず知覧へ。
電車と徒歩ですぐだった。

Wiki
知覧特攻平和会館 – Wikipedia
南九州市知覧
鹿児島県南九州市



ひとまず、記念館へ向かった。
特攻隊の出撃前の手紙を読みたくて。

敷地内に入ってすぐにビックリさせられた。
私の敬愛する神坂次郎による碑が建てられていた。
神坂次郎 – Wikipedia
彼の作品は沢山読んだ。
”本当の自然体”を教えていただいた。

そんな彼は第二次世界大戦の経験者。
彼の深い想いのこもった碑をしばらく眺め、平和会館へ。

零式艦上戦闘機(零戦)を含む戦闘機の実物を見た後で、
特攻兵が特攻の直前に書いた”手紙”を読むコーナーがあった。

家族・恋人へ書いた手紙である。
当然だ。最期の言葉は最愛のものへ残すのが人間だから。

その時の私にはどの手紙を読んでも”そういうもの”だと読んでいてのだが・・
その中に一つ「妹へ」という手紙があった。

私には7つ下の妹が居る。
その手紙を読めば読むほど涙がとめどなく溢れていた。

幼い頃から「自殺間際の人に何て言ったら良いんだろう・・」ってずっと思ってたけど、
その時の私の結論は、小さい頃に望んだ其れとは違っていた。
それに気付かされた瞬間だった。

平和会館の中をひと通り見たので、外に出た。
何もない空が広がっていた。

私は道路に出て、またのんびりと歩き出したその時・・
どこからかクラクションが・・!!!
つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。