VPSサーバー移転のお知らせ

この記事は一年以上前の記事です。

いつもの事ですが、事後報告です

このサイトを含めて、友人のブログとかはVPS(仮想専用サーバ)のさくらインターネットを使って構築しています。
サーバーのプラン変更(引っ越し)を行いました。


引っ越したのは

  • bubblering.net ドメイン(及びサブドメイン)のブログ
  • renhuuka.com ドメイン(及びサブドメイン)のブログ
  • shotbar-benz.com ドメインのブログ
  • blog.selfrhythm.org ドメインのブログ

等のWordPressサイトと

といったDjango WEB Applicationです。

WordPress, Djangoについては公式ページを参照して下さい。(気になる人は周りに居ないか。。)

これまで、

  • CPU : 仮想3コア
  • メモリ : 2GB
  • HDD : 200GB

だったのを、

  • CPU, メモリは同じ
  • SSD : 50GB

のVPSを新たに契約して、引っ越ししました。

OSがCentOS 6.6 x86_64 >> CentOS 7 x86_64になったと同時に、
Apache等各パッケージのバージョンも上がり、

  • Pythonは2.7から遂に3系に
  • MySQLはMariadbに

なりました。

諸々のパッケージのアップグレードに伴い、Djangoで構築したWEBアプリはプログラムの書き換えが必要でしたが、そこはサクッと終わらせました。
ソーシャルアカウント認証を自前でやっていたのですが、Python Social Authを導入しました。

なんで引っ越したの?

引っ越した目的は、各WEBサービスのレスポンスを高速にする為。
そもそも200GBの容量があるけど、動画コンテンツは1TBの契約してるDropboxから引っ張ってくるように変更したので、10~15GB程度しか使ってなかったのね。
それなら同じ金額でSSDにしたら良いじゃんって考えて、引っ越しました。

引っ越して良かった?

元々サイトのレスポンスはいつも気にかけていて、随時メンテナンスして遅いって事は無かったんだけど、
それより更にサイトのレスポンスも速くなったし、そもそもサーバーの再起動が数秒で終わるって事に吃驚した。

Djangoで構築したWEBアプリはデータベースとのやり取りが非常に多く、そこが高速化されたのも嬉しいです。

CentOS 7の操作コマンドやPython3系の勉強にもなった。

良いこと尽くめだけど、デメリットは?

デメリットはありません!
後悔もありません。

仕事と並行作業しながらやってたら、丸二日寝ないで成し遂げました。
(サイトのコピーがやたら時間かかった。。)

いやぁ~濃くて良い経験しました。楽しかったです!

おまけ : 今日のお気に入り

M

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。