2018年

長い一年でした。

金沢での大雪、Kちゃんの病気、金沢から広島への引っ越し、娘の小学校入学、西日本豪雨、Kちゃん他界。
お仕事ではチームに新しい頼もしいメンバーが加わってくれて、部の・・そして会社の将来もぐぐっと拡がりました。
ツラいこと、しんどい事もたっくさんあったけど、家族と友人と仲間が居てくれたから、今笑いながら年越しができています。

大河ドラマ「秀吉」でおねねが言っていた
「もう一粒の米、もう一枚の布の為にこれまで頑張ってきた」という言葉が骨身に染みた一年でした。

綺麗事は言わないし、そんなに言葉も上手くないけれど、こうして幸せを感じながら年を越せる事を皆に感謝したいです。

ありがとう。
来年は元号も変わり(システム部としては不安ですが)、私も35歳になります。
長年の目標だった、「知らない誰かのWow」は仕事を通して実現出来ました。これからはそのドキドキやワクワクを拡げる為、もっともっと勉強して仲間と共に生み出していきます。
ドールも、リリアの友達を増やしたいですし←これ大きい。

それでは皆様、よいお歳をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください