帰省とライブとドッポン

この記事は一年以上前の記事です。

2013/06/07-2013/06/10に広島に滞在していました。

妻のご両親と一緒に、岳父の運転で金沢から瀬戸内海の生口島まで行きました。
お義父さんの体力に脱帽ww

2歳になった娘に会いに、姉夫婦や叔母が駆けつけてくれました。
みんなでご飯を食べて、わいわい騒いで・・といっても当然主役の愛娘にみんな注目しっぱなしでしたがw
少しずつ単語を話すようになって、表情も豊かになってきたから、みんな釘付けでした^^

私はというと・・


到着直後に仏壇の前に座り、祖母・祖父・伯父の遺影を眺めて手を合わせながら涙を零していました。
力が抜けたというか抜いてもらった気がしたんだ。

みんなで昼食をとった後は、岳父と丈母は四国の道後温泉へ向かいました。
信じられないスタミナだ。

叔母や姉夫婦は娘にお土産もくれて、姉夫婦は忙しいのに遅くまで居てくれました。


二日目は親父・おふくろ・妹・父・母・娘と私の三人で墓参りと買い物をして、
午後は海に遊びに行ったり、ドライブしたりして過ごしました。
勿論、何をする時も主役は勿論娘w
よく食べ、よく遊び・・健康に生まれてきた事に感謝と共に、これからも健康に過ごさせていこうと改めて強く思いました。

生まれ育った家と島をココロに刻んで、まだまだ頑張るぜ!って思ったんだ。


時間が経つのは早く、三日目を迎えました。
三日目は朝に岳父と丈母と合流し、島を出て尾道で私だけ解散。
妻たちは宮島へ向かいました。
私は広島の友ドドコ(ドドコオフィシャルサイト)とちゃまくんに会いに行きました。
私好みのエスニックなお店(音楽喫茶 ヲルガン座)に連れて行ってもらい、昼食をとりました。
うん、あそこに一人で行ったら多分私落ち着きすぎて寝ちゃいそうだww

で、ドドコ宅に着いて少ししてからドドコのオールナイト・ドッポン#6 | ドドコオフィシャルサイトの収録開始。
ちゃまくんが反逆を起こすが、あえなく撃沈w
私はただただ緊張して手汗かきながら、何とか参加出来た^^
詩 / テン・テン・テン | SPIRAL OF ZEROの朗読もしてもらえたんだよ!ちゃまくんの神がかった選曲のおかげで秀逸なPoetry Readingになりました!!
朗読直後に私がまさかの事態に陥りますww
是非是非聴いてみてね^^そして感想も書いてくれたら泣いて喜びます♪

二人で衣装やら語学の話をした後で、今回のドッポンでのPoetry Readingがかなり良い物になったので、他にも収録しておこうと
詩に合う曲を探しながら収録しました。曲探しが一番時間かかったな。
ちゃまくんすげぇ〜!!

夜になって、ライブに行きました。
私、ライブ会場に入ること自体人生で多分二度目wwでも酒が入ってたので、ある程度気楽に入れました。
ドドコお勧めの近藤智洋さんKONDO TOMOHIRO OFFICAL WEB SITEの歌で、号泣しました。
だって直線で自分の中に歌が入ってくるんだ。補足も何も要らない。ただただカッコ良かった。
うん、次は自分用のタオルを持って行こう。

その後はドドコ宅で風呂入って夕食・・というか宅呑み。
夜遅かったので薬も飲んだので途中から記憶がありませんww

翌朝はドドコとちゃまくんがちゃんとした朝食を作ってくれて、数年ぶりにしっかり朝食を食べました。

時間はあっという間に過ぎて、お別れの時。
どうしても娘の顔を見せたくて(旅行前にこの予定の話をしてたら、「それ何回も聴いたw」って言われたw)、妻と合流する場所までドドコと一緒に行って、
初めて娘をお見せできた^^
娘は特技人見知りを発動して、終始お母さんに抱っこされたままでした。泣かなくて良かったぁ〜。

そっからまた車で金沢まで帰りました。

楽しかっただけじゃなくて収穫が沢山あった旅行になりました。
家族、友人、みんなありがとう!
広い視野で、シンプルに 仕事もプライベートも人間関係もやっていきたいな。
そして、もっと素直に詩を書きたい。
やったるぜ!!!


あ、そうだ 実家に置いてあったトランペットをやっと金沢に持ってこれました。
手入れしてあげなきゃ^^
2013-06-08 09.10.16
2013-06-08 09.10.56

“帰省とライブとドッポン” への4件のフィードバック

  1. ドドコ より:

    なかなか有意義な旅だったようでなにより。
    娘ちゃんの「バイバイ」とおそるおそるの握手に萌えた(*´ω`)

    • RenHuuka より:

      おかげさまで^^
      娘は男の人が怖いようで、いまだに妻の兄二人(特に上の兄)にはあまり近づかないんだ。時には泣きながら「あっち!!あっち!!」って叫ぶ。
      泣いても笑ってもかわゆいね。

      朗読、本当にありがとう。スッゴク嬉しかったぜ〜!

  2. もげ子 より:

    なにやら目に見えない収穫がたくさんあったようですね。
    私も実家を出て思うのは、やはり実家はいいものです。
    パワーももらえるし、なにより愛に溢れています。

    そして娘さん。子はカスガイとはいいますが、まさにそのとおりで、かすがい=扉と扉を留める鍵の事 なんですね。
    周りの大人が、子を中心に一致団結した事でしょう。これほどの幸せはないですね。

    最後にペット。整備する道具持ってますか?w古くなってるかはたまた無かったり、またはやり方忘れてませんか?
    そんな時はご一報下さいwww

    本当にいい旅だったみたいだ。奥様は運転お疲れ様でした。無事帰ってこれて何よりです。

    • RenHuuka より:

      子を持って、父と母の苦労を改めて思い知っています。
      これからは愛に溢れた家を築いていく為に日々精進します。

      カスガイ、確かにその通りだったなぁ。
      繋がっていく人の中で大きく育っていって欲しい。

      運転はお父さんだったけど、娘が終始騒いでいたのでみんなヘトヘトでしたw

      ペット、確かに整備道具は古くなってる。
      やり方は覚えてるので、今度オイルとグリスを新調しようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください