ホーキング、宇宙と人間を語る

この記事は一年以上前の記事です。

日本経済新聞に載っていたのを見て、勢いで即効買いましたw

新刊出ました!!
ホーキング、宇宙と人間を語る [単行本]

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング(Stephen William Hawking、1942年1月8日 – )はイギリスの理論物理学者である。「車椅子の物理学者」として知られる。


ブラックホールの蒸発や宇宙論などの理論のほか、一般の人向けの啓蒙書『ホーキング、宇宙を語る』の執筆などで非常によく知られている。
サイエンスフィクションを好み、実際にアメリカのSFテレビドラマ『新スタートレック』に本人のホログラムイメージ役で出演の経験がある。
2007年1月、2009年内に宇宙旅行に参加する予定であることが発表される。
筋萎縮性側索硬化症を発症したとされている。しかし、本来発症から5年程度で死に至る病気の患者でありながら途中で進行が急に弱まり、以後40年近くも健在でいるなど、従来のこの病気の性質にあわない点が多い。このため、別の病気であるとする意見もある[要出典]。
一般相対性理論が破綻する特異点の存在を証明した特異点定理をロジャー・ペンローズと共に発表した。
一般相対性理論と量子力学を結びつけた量子重力論を提示している。この帰結として、量子効果によってブラックホールから粒子が逃げ出すというホーキング放射の存在が予測されている。
タイムトラベルが不可能であるとする「時間順序保護仮説」を提唱した。この仮説では、過去に行くことを許容する閉じた時間線が存在するためには場のエネルギーが無限大でなくてはならないとする。
先述の通り、時間順序保護仮説によって過去に戻るタイムマシンは不可能という立場をとっているが、これは「我々の時代に未来からの観光客が押し寄せたことはない」ことからも裏付けられるとしている。但し、タイムマシンが将来的に完成するかどうかに関しては「私は誰とも賭けをしないだろう」と、その可能性に含みを残す発言もしている。
2010年4月25日にアメリカのディスカバリーチャンネルのテレビ番組にて、クリストファー・コロンブスがアメリカ大陸に到着したことを引き合いに出し、人類と宇宙人との接触は、資源を使い切った彼らがアメリカ先住民がこうむった征服などのように、よい結果をもたらさないとしてコンタクトを試みるべきではないと主張した[2]。
2010年9月7日に刊行された新刊書(原著名”The Grand Design”)で、量子力学に重力の理論を組み合わせた最新の研究成果から、偶然の一致に見える現象は「創造主なしで説明は可能」、「宇宙誕生に神は不要」と主張している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください