Poetry | 零の祝祭

この記事は一年以上前の記事です。

夜に消えゆく君の後ろ髪
優しく見えるビル街の中の寂れた橋

忘れ過ぎて
過ちを失う
焦がされた宿命よりも
悪夢に身を滅ぼす

……脱却(錯乱慕傾向)

冷凍保存された君の思考
稀有なる智の極論

君が見えない
私が見えない
吐き気がします

薄れてゆく
穢れてゆく
吐き気がします

見失った君と私のシンクロ回路

この粒に託せば
素敵な…素敵な…
夢が見れるといいます

君の痛みを知って
戻れない事を知った
悪夢を欲します

全て……失って…しまった(悦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください