Poetry | 砂漠の果てから

この記事は一年以上前の記事です。

いつだって
いつだって
この次元から抜け出せない

君の手首の傷が
二人の絆なら
生きていたいよ

街の明かりが消えゆく頃
口唇のピアスはいつもより光り
やがてドラマチックに
再び夜が明ける

愛おしいよ
私を詠ってくれる君が
切ないよ
私が見えない君が

記憶だけで生きているなんて
どれだけ悲しい結末・・・

病院のベッドに眠る君に
こっそりと
ゆっくりと
キスをしたよ

鳴り響かせました
ギターをかき鳴らしました
歌いました
咽喉が潰れるまで

ただ
 ただ
君に届くようにと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください