Poetry | 無題

この記事は一年以上前の記事です。

けれどもう…どうにかなっちゃうかもね
君の腕に無数に広がる注射の跡を除けば

こんなにも悶えてるのに知らないなんて
泣いちゃう位に貴方の其れ恍惚の微笑み

禁断の美少女カラクリは渦の僅かな香り
血だまりに写っているのさ背徳の殉教者

悲しみは汚れた魂の欠片だと…
案外に簡単かもしれない殺戮…
求め合う事ばっかりだった夢…
僕の首をもぎ取ってあげよう…

煙にまかれた…虚露死愛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください