Poetry |理想の君

この記事は一年以上前の記事です。

どうか
 どうか教えて下さい
総ては
 総ては夢だったと

包帯まみれの君
フェティシズム
焦がれたよ
心から愛でていたよ

蔓延って浸食し合う
叙情詩に嫌気がさしました

手足を無くした君
潤いDollis
同じ痛みと
同じ愛を語り合った

どれだけの夜が詠う・・・
ありきたりの愛が嫌いでした

明日消えゆく君に
その虚ろな瞳に
変わらぬ刹那を
変わらぬ宴を咲かせた

交わし合った伽が
どれだけの泪に変わったでしょう

深紅の翼が一つ舞い
総ては
消えてしまったんだ

2009/09/10 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください