Poetry |割れた砂時計

この記事は一年以上前の記事です。

私の脱ぎ捨てた靴を
整理するその手を

一人で黙々と
料理するその手を

じっくりと眺めてみたよ

涙が溢れて
崩れ落ちてきました

思い出したよ
いつかの砂時計

何処かで狂った歯車が
此ぞ誠と言わんが様で
君と私を惹き合わせた

私の中に溜まった
絶落の鬱屈を
私の中から吹き出した
破滅の衝動を

君は麦わら帽子を脱ぐ様に
いともたやすく吹き払ったんだ

今度は私の番
君の背中を預けてくれないか
君の全身を預けてくれないか
ゆっくりと愛していくから

2009/09/13 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください