Poetry |アナログの早朝

この記事は一年以上前の記事です。

白煙に踊らされた
寝付けない夜
ただずっとアナタを
待っていたの

アレから幾つかの
夜を数えて
本当の家に帰る
アナタを見送る早朝

嫌だと言えば良かったかしら
そんな女じゃないもの

バーボンに慰められ
頬を紅くして
呆れた様なアナタの
顔を思い浮かべるわ

テーブルに置かれた
涙のコインの数を
数えては眠る
アナタが居ない早朝

帰ってきてと泣けば良かったかしら
そんな女じゃないもの

一緒に見た月を
数えて眠る
重ねた口唇を
数えて眠る

いつも寂しそうなアナタを
好きよと言えない私のペルソナ

2009/09/20 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください