Poetry |雨と涙

この記事は一年以上前の記事です。

雨に流れ流されて
泣ければ楽なのに
あたしの心は閉ざしたままで

踊るシネマの真似
叫んでみせた夕闇
駅のホームで衝動に駆られる

帰ってこない小鳥
シンクロ君あたし
さぁ飛び込んで理想の世界へ

閑散とした嘆き声
忘れられた心の臓
あたしの骨は声さえ無い海へ

孤独の雨に晒され
刹那に泣き崩れた
翳した掌は余りに小さく薄く

過ちは不眠を施し
あたしの心は未だ閉ざしたままで
触れないで去って
あたしの心は知らないままで

2009/11/13 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください