書籍

漣 風華 / RenHuuka / bubbleringhuuka
著書

【思案の果てに】
心を削りながら囁いた100編の詩。

【紫漣】
本作品は長年にわたるうつ病との闘いの中で綴った、魂を込めた作品です。
絶望から光を見出すヒントになるように。
読者様の人生の片隅に置いていただけると幸甚です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。