Poetry |花弁に重ねて

この記事は一年以上前の記事です。

何故こんなにも切ないのですか
繰り返し尋ねたのは
きっと怖くて仕方無かったから

舞い降りて溶けてゆく
白い花弁の様に
儚い貴女を想ってました

溢れる慕情の行き場さえ
苦痛の海を忘れて
ただ貴女に向けていました

傷つけ合っては慰め合って
互いに触れる度に
痛みを恐れる様になっていました

それでも会えない夜は
焦がれて焦がれて
刻が経つのが永く感じました

しんしんと
吐息を重ねて
ゆらりゆらり
躰を重ねて

寒くて震える貴女を
今でも忘れられない私が居ます

2009/09/14 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください