Poetry |終焉の庭

この記事は一年以上前の記事です。

定義は収束された
巧妙に騙された夢

我々は常に死んでゆく
我々は常に生まれてゆく
其れも夢

仮に愛だとして
仮に事実だとして
其れも夢

嗚呼、終焉の庭
愛すべき場所よ

さぁ禁断の夢を見よう
さぁ致死量の果実を口に
夢のまた夢

私の血液は綺麗かい
私の骨肉は美味しいかい
夢のまた夢

嗚呼、終焉の庭
信ずるべき場所よ

白き焔に燃える心臓
総ての灯火に与えよう
慈愛の想いを

2009/09/16 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください