Poetry |恋わずらい

この記事は一年以上前の記事です。

君想い
君に恋ひ
果て無き病に侵された

ずっと焦がれていたい
繰り返し思い出して

ずっと抱き締めていたい
繰り返しキスをして

触れる事すら
こんなにも苦しくて
寄り添うなんて
いつかの夢のまた夢

ただ
離れないで
ただ
傍に居て

一言が言えないままに
多くを語り過ぎた

そんな不器用な私を
受けとめてくれた君に

これ以上傷ついて欲しくない
もっと笑っていて欲しい

刻を愛して
君を愛して
変わらずに想い続けるよ

2009/09/26 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.