Poetry |マグマ

この記事は一年以上前の記事です。

無重力に浮かぶ玩具
無造作に脈打つ鼓動
間隙に見えたのは君の焔

割れた砂時計
堕ちた致死量の果実
幽玄の匣遊び

居なくたって回るって事は
こうして詠うくらいに
容易くでもなく分かってたんだ

愛が君を裏切らない様に
僕は君を裏切らない
歪んだ光握り締め
前へと進める筈なんだ

心芯を重ねて
雲間の眼が見定める
揺り籠の仮装劇場

救いと言って差し出された手は
犠牲にではないと
安易にでもなく分かってたんだ

言の葉が君を裏切らない様に
僕は君を裏切らない
途切れた邂逅握り締め
あの楽園へと辿り着ける筈なんだ

愛が君を裏切らない様に
僕は君を裏切らない
歪んだ光握り締め
前へと進める筈なんだ

2009/11/11 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。