Poetry |そのレンズの奥に私は居ない

この記事は一年以上前の記事です。

私の恋はいつだって =悪癖() でしかなかったんだ

何処で出会ったかなんて覚えていない
君の苗字も知らない
君が私に送信した君の画像は
いつだって私の眼なんて見ていなかった

私が私を壊したあの日から
私は人の綻びを目敏く見つけるようになり
見つけては近づいて
どんな手を使っても壊してきた

それが私の恋で 私の悪癖だった

君の肌を見て 鎖骨を見て
どうやって濡らしてやろうか
そんな事ばかりを考えていた

そうやって壊れた女が私を殺してくれるのを待っていた

それなのに 君は壊れなかった
正確に云うと 私で壊れたわけではなかった
私の望む壊れ方はしなかった
私は君に敗けたんだろうね

確かにあの中の君たちは私を見ていなかった

分かっていても近づいてしまったんだ
君よりも先に私が君の事を好きになっていた事実も
分かっていたから

今でも壊したいと衝動が疼くんだ
壊した先にある抱擁の揺り篭を 今でも望んでいるから

“Poetry |そのレンズの奥に私は居ない” への2件のフィードバック

  1. ドドコ より:

    これ、今も?

    返事はメールでもいいよ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。