SPIRAL OF FIRE

この記事は一年以上前の記事です。

始まりと終わりは別もの
だから円ではなくて螺旋なんだ


「電車、遅いですね。」
「ああ、だがこの辺ではいつもこんなもんさ。・・急いでいるのかね?」
「いえ・・特に急な用は無いのですが、時間通りに来ないのでどうしたのかなと。」
「そうかい、誰かの不幸とかじゃないなら、こっちに来て一緒に温まらんかね。
さっきからこの焚火がお前さんを呼んでいるような気がするんだよ。」
「そ・・うですか、ではお言葉に甘えて。・・ああ、あったかいですね。焚火なんて何年ぶりだろう。」

パチパチパチ・・
それは一つの終わりの様な音で
祝福する音にも似ていた

「それにしても、さっきまでの雷は凄かったですね。」
「お前さん、雷は苦手なのかい?」
「苦手ってほどでもないですが・・よく分からないです。」
「わしは雷が聴こえると、この星が生きてるのが実感できて嬉しくなるんじゃよ。」
「嬉しく・・ですか?」
「ああ。だが、うちのもんの雷を聞いてもそんな気持ちにはならんがな。わっはっは!」
「あはは・・なんだか分かる気がします。」
「そうじゃろ。人間なんてどんだけ大層なこと言っておっても、生まれた時はみんなうんこもしょんべんもまき散らしとったんじゃ。
体が大きくなったから言うて言う事も大きくなるが、死ぬ前は最初と一緒じゃ。」
「なんでそんな話になったか分かりませんが、その通りですね。なんか耳が痛いな。」

「わしはな、明日死ぬんじゃ。」
「いきなりなんですか?・・えっ!?し・・死ぬんですか?」
「いや、死なんよ。多分。だが死ぬんじゃ。」
「意味が分からないのですが。」
「お前さん、自分が明日死ぬと言われたらどうするね?」
「う~ん・・
・・・・・・・・・・・・・
・・やりたい事や会いたい人を考えるうちに時間が来てしまいそうです。はぁ。。」

「しっかりせんかい!」ドンッ!

「うっ!ちょ・・痛いです。」
「わしはな、明日死ぬんじゃ。そう思って毎日生きとる。だから今ここで焚火しとるんじゃ。」
「焚火に思い出でもあるのですか?」
「いや、そんなのは無い。ただ、わしには焚火なんじゃ。」
「私にも・・そういうのあるのでしょうか?」
「そうさなぁ・・”これは最初から自分のものだ”と思えるもの、それがお前さんの鍵じゃ。」
「焦らんでもええ。」

「そうですね・・で、なんでこの話になったんでしたっけ?」
「お前さんが電車が来ないと言うて、何やら焦った顔しとったからや。」
「そんなに焦った顔してました?」
「デカいも小さいも関係あらへん。ぜ~んぶ一緒や。」
「そうか・・なんか焚火見てたら、憑き物がおちたように軽くなってきました。」
「ええこっちゃ。」

ガタンゴトン・・ガタンゴトン・・ガタンゴトン・・

「電車、来とるで。」
「ああ、いいんです。もう乗らないんです。」
「じゃあ、これからどうするんじゃ?」
「分かりません。でも、好きなように歩いてみます。」
「そうか。じゃあこのペンをお前さんにあげよう。」
「良いんですか?」
「ああ。いいんじゃ。また会う機会に巡り合えたら、旨い酒でも奢ってくれればいい」
「分かりました。では、また!」
「おう、またな!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。