Poetry | SOLITUDE

この記事は一年以上前の記事です。

月が揺れて
心が冷める
ここは透明
ガラスの棺

足を掴み、走れと唸る
こんなにも私を憎む

白山 青雲 黒海
廃屋が無様に飾り付ける
殺意が無数の風に呑まれる

君が果ててしまわぬ様に
この距離で傷つけ合う

私は翼をもぎ取られ
君は風を読めぬ凡夫

樹海に沈む
傍若無人の
死神の行列

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください