Poetry | Lost Days

この記事は一年以上前の記事です。

そのブルーの瞳に見透かされる
ショットガンに溺れる度に
君との二年を朧気に思い出した

輝く太陽の下
錠剤に浸かった君は
現在を棄てた

どれだけ求めても
君は幻想の中にしか
存在しなくなり

失った誠は
弔う場所すら知らず
残った証は
止まった懐中時計だけ

悪夢の様な
愛しくてたまらない
毎日でした

忘れたくない
交わした言葉はやがて
錆ゆく鍵に等しく

愛した刻は
何時しかすれ違いに変わり
憎んだ刻は
溢れ出る泪へと変わった

唯一の瞳
振り向いた瞬間に弾けた夢でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください