Poetry | Dolly

この記事は一年以上前の記事です。

こんな形でしか伝えられない自分でごめん
口を開けば不器用に傷つける言葉しか出ない

君だけが知る涙を
君だけが知る握力を…

Dragに溺れた吸血少女

繊細過ぎる君は駆動する世界に翻弄される

刹那
殺意

痛みより退廃を擁した

君が忘れた靴は
歌の中に編み込まれている

透明の衣を纏い
心中する双子

虚ろな眼で
幾度もの死を妄視する君

Dolly
Dolly…
失いかけの淡い死

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください