Poetry | 風~続集~

この記事は一年以上前の記事です。

舞い乱れる花弁の様に
しんしんと触れてください

いくつかの呼吸の様な距離を殺して
気づかせてください

いびつな雫をこれみよがしに抱き締めたら
不器用な真実が顔をあげた

嘔吐 邪風 開眼
Where is control machine?

自身を真摯に携えろ
犠牲を携えろ
贖え

落涙が指の隙間を駆け抜けた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください