Poetry | 夜想曲

この記事は一年以上前の記事です。

暗い箱を捜して僕は夜を歩き
冷たい風に吹かれては懐かしき日を想う
朝日に沈んでは昨日の未来に立ち竦み
貴女の生みたての体温を願う

明日の貴女を叶えて下さい
昨日の私で終らせて下さい

見上げた空に響くは残酷な唄
幾つもの昨日を重ねて数ある明日を捜す
大切に包み込んだ想いは綺麗に笑ってた
貴女の刻みたての傷痕を刺す

明日の私を捜す今日この頃
昨日の貴女を守る明日の私

最期の合図だよ
最高の笑顔でグッドバイ
最悪のタイミングで
貴女を失った明日明後日…

でもご覧…東の空が白み始めた…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください