Poetry | 偽りの宴

この記事は一年以上前の記事です。

毛布にくるまり宙を見上げる君を、涙流して抱き締めるように…。

弧を描くモザイクの魂達。

よだれを垂らして君を殺す。

ちゃんと憎んでね?
じゃなきゃ…中途半端に愛しちゃう。

これが君の汚物かい?
これを舐めれば良いの?
これを飲めば良いの?
これを食べれば良いの?
こんな口でも君の唾液まみれにしてくれる?

恍惚は君の堕落により生まれる。

もっと歪んで…
もっと穢れて…
もっと堕ちて…

そして信じて…

君の盲信、孤高の真実…天才たる所以…私。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください